差押命令が届いたらどう対処すればいい?

 

生活をするのに自分の収入以上のお金が必要になった場合は
金融機関からお金を借り入れることになりますが、
この場合は金融機関と金銭消費貸借契約を締結することになり、
一定の期間の間に返済をする義務が発生します。

 

税金の滞納による差し押さえは全額納付するまで続きます。債務整理で解決はできません。
借金の滞納による差し押さえなら、債務整理をすることで解決できる可能性も!
↓自分に合った債務整理診断ツール

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

もし返済をしない場合は金融機関から督促を受けることになり、
それでも返済をしなければ裁判所に法的な手続きをとることになります。

 

その際にお金を借りた人の財産を差し押さえて、
それを処分することによって債権を回収することになります。

 

そして金融機関が財産の差し押さえをするために裁判所に申し立てて、
それが認められたら、債務者に差押命令が送達されることになり、
自分の財産が差し押さえられてしまったということがわかります。

 

このような場合、どのような対処法があるのでしょうか。

 

まず差し押さえることのできる財産はいろいろありますが、
給料など自分の生活に必要となるものは
一定の範囲の額まで差し押さえをすることができないと定められているので
差し押さえ禁止財産である場合は裁判所に異議を申し立てることになります。

 

それから財産を差し押さえられてしまった場合、
何もしないとそのまま裁判所を通じてその財産を処分されてしまうので、
自分のできる限りの方法を駆使して債務を履行することにより
差し押さえを取り下げてもらう必要があります。

 

こういった場合、1人で差し押さえと戦うのは厳しいですので、
弁護士の先生に相談をしてサポートやアドバイスをもらうのが賢明な判断です。

 

無料相談を行っているおすすめの法律事務所をは
実績豊富な差し押さえ無料相談
のページでご紹介しているので、まずは現状を伝えてアドバイスをもらいましょう。