差し押さえメール…身に覚えのある方へ

差し押さえを執行するというメールが届いて、
「もしかしたら借金返済の滞納が原因かな…」
と、身に覚えのあるあなたは今すぐ借金解決方法の確認を!
あなたに最適の借金返済方法や借金が減額できる可能性を無料診断できます。

 

税金の滞納による差し押さえは全額納付するまで続きます。債務整理で解決はできません。
借金の滞納による差し押さえなら、債務整理をすることで解決できる可能性も!
↓自分に合った債務整理診断ツール


⇒匿名で無料診断してみる

 

 

「差し押さえます」こんな迷惑メールが届いたときの対処法

メールが届いて焦ってしまったとしても、
メールに返信しないようにしてください!

「差し押さえを執行します」というメールを見たら驚いて焦ってしまい、
送信者に返信したくなるかもしれません。
ですが、それは禁物です!
送信者は悪徳業者かもしれません。
もし悪徳業者に一度でも連絡を取ってしまったら、
しつこく付きまとわれてしまいます。
落ち着いて以下の行動をとるようにしてください。

パターン1:なぜ差し押さえられるのか全く身に覚えがない場合

身に覚えがないメールに返信する必要はありません。徹底的に無視してください。私も以前、このようなメールが届きましたが無視を決め込みました。数日間はしつこくメールが届きましたが、ずっと無視していた結果、すぐに来なくなりました。もちろんそれ以降、危険な目にあったことなどありません。

パターン2:借金返済が滞っているなど気がかりなことがある場合

この場合もメールに返信するのではなく、まずは借金解決方法を見出すことです。借金返済を滞納している場合は、本当にすぐにでも差し押さえられてしまう可能性がありますので、今すぐこちらの借金相談シュミレーターを試されることをおすすめします。

 


⇒匿名で無料診断してみる

 

この診断であなたに最適な借金解決方法がわかります。早めにその方法に着手すれば、口座差し押さえを免れたり、また既に口座差し押さえになっていてもそれを解除できる可能性があります。また借金を減額できる可能性も診断できるので、借金返済がはるかにラクになることも考えられます。

焦らず落ち着いて確実な行動をとるようにしてください!

 

知らないメールアドレスから、差し押さえを執行することを決めましたというメールが届いたことはありませんか。こうしたメールが届くと怖いですよね
もしかしたら本当に差し押さえが行われてしまうかもしれないと慌ててしまう所ですが、実際こんなことで差し押さえは行われません

まずメールで差し押さえを予告すること自体があり得ないのです。差し押さえをするのであれば本人宛に予告をする郵便が届きます
この宛名は裁判所となっていますので、裁判所から届いた場合は確実に危ないということがわかります。しかしメールで送るなんてことは一切していません
また身に覚えの無い差し押さえであれば、尚更怪しいと思った方がいいでしょう。余計なことはせず、そのメールは無視するのが基本です
その上で本当に差し押さえを行われるようなことが無いか、念のため確認をしてください。何も無ければこれ以上考えなくてもいいと思います

近年はこうした差し押さえを利用した詐欺行為も行われています。こうしたメールはその一環ですから、相手にしないようにしてください
どうしても判断が付かない場合は、弁護士の無料相談で聞いてみることも大切です。おそらく嘘だと思いますが、専門家から確証を得られれば安全でしょう