借金にお困りの方へ まずはこちらの借金減額無料診断を!

あなたのその借金、大幅に減額できるかもしれません。
こちらの無料診断であなたに合った借金解決法をチェック!
税金の滞納による差し押さえは全額納付するまで続きます。債務整理で解決はできません。
借金の滞納による差し押さえなら、債務整理をすることで解決できる可能性も!
↓自分に合った債務整理診断ツール

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

銀行口座差し押さえの対処法は?

 

口座差し押さえになってしまった場合にできる対処法は

1.借金を一括返済する

 

2.債務整理をする

この二通りの方法となります(注:税金等の滞納による差し押さえの場合は債務整理はできません)。このどちらかの対処法を実行しないと、債権者が要求する金額に達するまで差し押さえが続くことになります。

 

1.借金を一括返済する方法を選ぶ場合

一括返済できるお金がある場合はすぐに一括返済してください。返済しない限りは差し押さえは続くことになり、口座に毎月振り込まれる給料も引かれていってしまいます。

2.債務整理をする方法を選ぶ場合

債務整理の中でも、自己破産もしくは個人再生のどちらかによって差し押さえを解決していくことになります。

 

自己破産?個人再生?自分に合っている債務整理方法はどっち?

そんなあなたはこちらの借金解決無料診断でふさわしい方法をチェック!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

 

債務整理をすることに決めたので専門家に相談したいというあなたは

債務整理の実績豊富なおすすめ無料相談をチェック!

 

債務整理をしない限りは差し押さえは続いてしまいます。借金の全額分を差し押さえられるのは厳しい、差し押さえを停止させて、その後は少しでも借金の負担を減らしたいとお考えのあなたは早めに専門家に債務整理の相談をしてください。

 

 

差し押さえ予告や差し押さえ命令が届いても、
平気な顔してきっと差し押さえされる事はない、
と余裕を持っている方も多いのです。

 

ですが差し押さえ命令が来たら、
銀行口座や不動産などを差し押さえられてしまいます。

 

よく行なわれるのは、給与が振込まれる銀行口座の差し押さえです。

 

強制執行が行なわれた後に入金のあったお金には強制執行の効力が通用せず
銀行口座に預金などがある場合は、そのお金を差し押さえられてしまうのです。

 

銀行口座が差し押さえられてしまった後、
債権者と交渉を行って何とか返済していく事が出来るのであれば、
差し押さえを解除してもらう事も出来るでしょうが、
そうもいかないという場合、差し押さえは続いてしまいます。

 

差し押さえを解除してもらい、
借金を清算したい場合は自己破産を行うという方法があります。

 

銀行口座の差し押さえ停止の申立ても行なう事が出来ますから
手続きを始める前に申立てを行なっておくべきであります。

 

ただ、この時点では停止でしかありませんから、
差し押さえが解除されたわけではありません。
差し押さえを解除するには、免責許可が必要なのです。

 

自己破産の手続きを一通り済ませて免責許可を得る事が出来れば、
借金の返済義務がなくなりますから、差し押さえの必要もなくなります。

 

ですが自己破産というのは1つの方法にすぎません。
他の手段で銀行口座差し押さえに対処したい方や、
やはり自己破産をしようかと考えている方など様々だと思います。

 

いずれにしても素人の自己判断で物事を進めるよりも
法律のプロである法律事務所の弁護士にアドバイスをもらうのがいいでしょう。

 

無料相談を行っているおすすめの法律事務所を
実績豊富な差し押さえ無料相談
のページでご紹介しているので参考にしてみてください。

口座差し押さえをされるとどうなる?なぜされるの?

 

口座差し押さえをされると、
自分の銀行口座から差し押さえ金額が差し引かれます。

 

これは本来払うべきものを滞納していたり、
借金返済を滞納していた場合に行われるものです。

 

お金を取られたというわけではなく、
払うべきもの、返済すべきものを怠っていたために行わてしまうのです。

 

ですから1番の防止策は、払うべきものや返済すべきものを
期日までにきちんと支払うことなのです。

 

ですが、すでに口座を差し押さえられてしまった、
この口座差し押さえをどうにかして解除したいという場合は、
自分1人で動くよりも、やはり弁護士の方にサポートしてもらった方が
確実にスムーズに物事が進むでしょう。
的確なアドバイスももらえます。

 

無料相談を行っているおすすめの法律事務所を
実績豊富な差し押さえ無料相談
のページでご紹介しているので、
口座を差し押さえられて困っている、どうにかしたいという場合は相談してみましょう。